保護猫&保護犬とのまったりライフ


by chochimama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ちょち、天使になる

2007年12月5日(水) 12:00(午前0時)

ちょちの側で横たわっているうちに、ウトウトしてしまった。

ちょちを見ると瞬きしている。

もう手足を動かす力が残っていない。
瞬きで何かを訴えている。弱々しい瞬き。辛そうだ。

首に留置した針を止めるための包帯で首が苦しいのではないだろうか?
包帯を緩めてみるが、変わらない。

息が「ぜぇぜぇ」している。喉に液体が詰まっているのではないだろうか。
起して頭を下に向けてみる。何も吐かない。
「あっ、あっ」と弱い声で鳴いている。苦しそう・・・。

急いで病院に電話をかけた。
先生は、すぐに電話に出てくれた。
状態を話し、ちょちを連れて行く。

これで8回目。
明日、大学病院に入院することになっているのに、こんな状態では朝までもたない。

誰か、助けて!

病院に向かう途中、何となく空を見上げた。今日も晴天で星がきれい。

ちょちを見ると、弱々しく見開いた右目に涙が滲んでいる。

「ママ、僕はママと離れて入院したくない。もういいよ。僕はもう行くよ。」
ちょちの目は、そう訴えていた。

「ちょち、入院は辞めようね。もう充分がんばったよね。
 ちょちがもっとがんばるなら、ママはず~っとちょちを看病する。
 でも、ちょちが辛ければ、もうがんばるのは辞めようね。
 ちょちは、虹の橋に行きたいの?」

ちょちが、目で返事をしたように見えた。

ちょちは、もう逝ってしまうのだろうな。その時、そう思った。

病院には行かず、ここでちょちと星を見ていようかと思ったけれど、ゆっくり歩いて病院に到着。

まず、抗痙攣剤?を打つ。
ちょちの胸に触れると動悸が速い。いつもの2倍くらいのスピードに感じた。

 「先生、鼓動がすごく速いです。喉にも何か詰まっています。」と訴えるが、
先生は無言で2本目の注射を打つ。多分、麻酔だろう。

注射の液体が体内に少し入ると、「す~す~」とちょちの寝息が聞こえた。

心臓の鼓動はすごいスピードになっている。
心臓がもたない!!
注射を止めようと思った時、鼓動が止まった。
同時に呼吸も止まり、ちょちの全機能がストップした。

「先生、鼓動が止まりました。呼吸もしていないようです。」

私がそういうと、先生は無言で心臓マッサージを始めた。
ちょちの心臓は動かなかった。

「もういい。ちょちは、自分で逝くときを選んだ。」と思った。
これ以上、何をしても苦しいだけ。ちょちは、自分でストップをかけた。

しばらくマッサージをしていた先生が手を止めた。
ちょちの舌を引っ張り出し、気道に詰まっているものを取ろうとしている。舌が紫色になっている。

気道にチューブを入れると黄色い液体が吸いだされた。
これが詰まっていて息が苦しかったんだ。楽になって良かったね、ちょち。

ちょちの顔は少し寂しそうだけど、穏やかな顔だった。


a0012531_1642037.jpg





2007年12月5日 午前0時26分

私に幸福を運んでくれたちょちは、虹の橋に旅立った。

a0012531_16505630.jpg

ありがとう、ちょち。
世界一、かわいくてかっこいい、
素敵なわんこだったよ。
行ってらっしゃい。
ママを待っていてね。また会おうね。

ちょちを抱いてゆっくりと歩いて家に戻った。
外が大好きだったちょちに星空を見せてやり、いつもの散歩道を歩いた。

家に戻ってからは、結構忙しかった。
ちょちを新しいタオルに寝かせ、身体をきれいに拭く。

おしっこやうんちが出ると聞いていたが、尿はほんの少し出ただけで、体液はほとんどなし。
肛門を見ると、6cmくらいの健康的なウンチがコロッと出ていた。

こんなことになっても、ちょちは健康的だなぁ。

身体をきれいにしてから、ちょちが愛用していたクッションベッドに寝かせた。
ちょちは、静かに眠っているように見える。
本当に、もう息をしていないのだろうか。

ちょちの鼻に顔を近づけてみるが、やはり、息をしていない。
身体はまだ温かい。生きているよう。

会社のみんなにメール連絡をする。

葬儀を行うため、ネットで調べて予約する。
お寺に連れて行こうかと思ったけれど、自宅でゆっくりお別れをしたいので、
移動火葬車を呼ぶことにする。
今日の18時から荼毘に付すことに決める。

火葬の手配も済んだので、ちょちの横に寝て色々な話をする。

つい2日前まで元気だったのに、どうして急にこんなことになったのだろう。

調子が悪そうなことも何度かあった。
土曜日は、嫌がっているちょちに血液検査を受けさせてしまった。

ゴルフなんか行かないで、もっと一緒に居ればよかった。
会社が大変な時、ちょちに辛い顔を見せていたかもしれない。

遅い時間まで自宅で仕事をして、ちょちに我慢をさせてしまった。

仕事をしていると、何度も「ママ、寝ようよ」と呼びに来たのに、
「ちょちは先に寝てなさい」と、寂しそうなちょちを寝室に連れて行った。

後悔することは、他にもたくさんある。
でも、今頃になって自分を責めても何も生まれない。

もし、1年間でも元に戻ることができたら、もっと一緒に居るのに・・・。

どんなことを思っても、後悔しても、ちょちは戻ってこない。
一緒に過ごした時間や思い出を大切にすることが、ちょちへの供養だと思う。

午前5時~8時30分までちょちの隣で眠る。

8:30 起床。

おはよう!ちょちはもう起きてこない。事実を受け容れなくては。

会社のみんなからお悔やみのメールが来ている。嬉しい。ありがとう。
社長から着信あり。今日はお客様と打ち合わせの予定だった。
事情を話そうとするが、涙で話にならない。
何とか気持を抑えて、京都に持っていく書類の話をする。
火葬は18時から。
たっぷり時間があるので、ちょちとお別れをする。

今、ちょちが一番やりたいことは何だろう?
ちょちは散歩が大好きだったので、ちょちを抱いて散歩することにする。

死後硬直が始まっているので、変な格好だが、気にしない。

一緒によく歩いた散歩道をゆっくり、話をしながら歩く。
家に戻って、ちょちをクッションベッドに横たえ、御花を買いに行く。

駅の先にある花屋に行くと、やはりペットのお葬式用にお花を買っている女性がいる。
花屋にもポメラニアンが居てわんわん吠えている。悲しくなる。

花屋さんにちょちの話をして、葬儀用に元気が出る御花をアレンジしてもらう。
また涙が出る。
花屋さんも「辛いよねぇ。がんばってください。」と元気づけてくれた。

白と黄色、ピンクの可愛いアレンジを作ってもらい、自宅に戻る。

2001年から6年間お世話になったヌーノクラブの代表に連絡する。
お別れに来てくれるとのこと。ありがたい。

仲の良かったももちゃんのお母さんにも連絡に行く。
一緒に泣いてくれて、ありがたかった。
ももちゃんと一緒に来て、ちょちにご挨拶をしてくださった。

午後4時頃、ヌーノクラブの代表が来てくれて、ちょちをひと目見るなり涙・・・。
ちょちは、この人にすごくなついていて、ヌーノに行くと側を離れなかったらしい。
人見知り、犬見知りの激しい子だったから、よほど気に入っていたのだろう。
ちょちが大好きな人たちにご挨拶したから、もういいかな、とおもった。

18:30 火葬車が来た。ちょちを抱いて写真を撮ってもらう。
ちょちを抱いた写真がない事に気づく。
どうしてもっと写真を撮っておかなかったのだろう。

また後悔。

こんな時しか抱っこした写真を撮れないなんて情ない。

でも、ちょちを抱いた感触はずっと忘れないから。

無理矢理笑顔を作り、ちょちを抱いた撮影が終了した。

ダンボールに入れる葬儀会社もあるらしいが、ここは、きちんとした棺を用意してくれている。

ちょちを棺に納め、お気に入りのおもちゃ、私の写真、おやつ、お花を入れてふたを閉める。
何の感情も湧いてこない。もう出し尽くした感じかな。

火葬には1時間半くらいかかるらしい。
おにぎりを買ってきたので、食べようとするが、何の味もしない。
実は、空腹も感じていない。

火葬は、車の中で行われるので、立会いはできないらしい。
ちょちと一緒に散歩した公園の横に居るとのことなので、気になって見に行く。

ご~ご~と燃えている様子が分かる車が止まっている。
煙は出ていないけれど、何となく、空に向かっていく気配があるように思えて、

「ちょち、さよなら!いってらっしゃい!」と言ってみる。

これで、何人の家族を見送ったのだろう。
おばあちゃん、ママ、パパ、ひろっぺ。5人(?)目。
シェパードのアンカやコリーのローズ、猫の正義を入れると4人と4頭目。

もう見送るのはいやだなぁ。今度は、人に見送られたい。

抱えきれないくらいたくさんの幸福を運んでくれたちょち。
ママにとって、ちょちは、かけがえのない存在。
誰よりも何よりも大切で、天使のような子だった。

いつもいつまでも愛しているよ。
ありがとう!

虹の橋では、何の心配もなく、ママの帰りを待つこともなく、
こころいくまで遊べるよ。
お友だちをたくさん作ろうね。
また会う日を楽しみにしているよ。
[PR]
by chochimama | 2007-12-05 15:15 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://totoro.exblog.jp/tb/8956883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

カテゴリ

全体
★アルマ保護犬★
6代目預かりっ子・チャロ
プチ預かり・グラン君
かのん(2017.04正式譲渡)
マリリン(現ゆき・201703正式譲渡)
レオ(現るーく・2016.12正式譲渡)
パール 2008年1月~2009年8月
バンビ(2016.10.23正式譲渡)
まゆ⇒りん花・2017.06 お空へ)
●我が家の子どもたち●
チャッピー・2016年4月~
だーく・2007年12月~
カイト 2009年11月~2016年3月
ちょち 2000年4月~2007年12月
●Myコラム●
犬も猫も人間も幸福な社会
生涯挑戦!(My life)

最新の記事

素敵な笑顔
at 2017-10-20 14:13
雨の日は猫タワーで!
at 2017-10-19 18:17
反省します・・・
at 2017-10-17 15:00
里親会へのご来場、ありがとう..
at 2017-10-15 19:21
幸せな瞬間・・・
at 2017-10-13 21:47
10月14日(土)里親会に参..
at 2017-10-10 11:35

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧