保護猫&保護犬とのまったりライフ


by chochimama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ちょち 2000年4月~2007年12月( 16 )

髄膜腫との闘い-11月15日~16日

2007年11月15日(木)

こころなしか元気の無いちょち。

そういえば、数ヶ月前から、朝、起きてこないことがあった。

寝起きの悪い私を、脚でちょいちょいと突いて起こそうとするちょちが、
私が起すまで起きない日が何日かあったことを思い出した。

ちょちも年をとったなぁと思っていたが、脳腫瘍のせいかもしれない。

あの時、検査を受けていればもっと早く分かったのに、と悔しく思う。

それでも、元気に散歩しているし、食事も前と同じ量をおいしそうに食べる。

ちょち、おいしかった?」と聞くと、
舌で口の周りをなめて
「おいしかったよ!」の合図。

この日は、午後、お客様と打ち合わせがあり、萱場町へ。

打ち合わせが終わって携帯電話を見ると、日獣医の先生から10件の着信。

胸が早鐘のようにドキドキする。
O先生への電話は、話中でなかなかつながらない。

「ちょちは緊急な状態?どうしよう。今日は元気にしているだろうか?」

まだ15時で外は明るいのに、私の周りは暗くなったように感じた。

やっと先生に電話が通じ、診断の結果を聞いた。

ちょちには脳腫瘍があり、浮腫もあるらしい。

そのために脳圧が上がり、発作を起すとのこと。

脳圧を下げないと危険なので、すぐに脳圧を下げる薬を飲み、放射線治療を
受けたほうがいいでしょう、とのこと。目の前がもっと暗くなった。

しっかりしなければ!

ちょちが死んでしまうときまったわけではないのだから。
治療によって助かるはず。

いろいろな思いが頭をよぎった。

「仕事に行かなければならない状況で、どうやって様子を見ればいいのだろう?」
これが一番の悩みだった。

「とにかく、脳圧を下げる薬をもらい、日中、誰かに様子を見てもらおう」

急いで自宅に戻ると、ちょちは、いつものとおり、くるくる走り回って元気に出迎えてくれた。
涙が溢れる。

かかりつけの病院に行き、脳圧を下げる薬を受け取り、この日から飲ませる。
(ステロイド剤と脳圧を下げる薬=グリセリンを飲ませる)

脳圧を下げるためには、脳にたまった水を抜くことが必要。

そのため、この薬を飲む前後、各2時間、水を飲ませてはいけない。

薬を飲むと喉が渇くらしく、ちょちは水を欲しがる。

2時間水を飲まずに我慢するのが辛そうで、キュンキュン鳴いて水を欲しがる。

水道の近くに行き、私を見つめて「キュンキュン」鳴いたり、
お風呂場に行って水をなめようとする。

その様子は、見ている私が辛くなるほど。

こころを鬼にして、気を紛らすために外に連れて行ったり、撫でてやったりしても、
喉の渇きに勝つことはできない。

この先、いつまでこの薬を飲ませなければならないのだろう?

この日は、ステロイド剤の作用で、ちょちは食事を吐いてしまった。


a0012531_1932048.jpg


2007年11月16日(金)

会社を早退して免疫治療を行っている病院にちょちを連れて行く。

人気のある病院らしく、人と犬がたくさんいて、1時間以上待たされる。

免疫療法には本人の腫瘍細胞が必要とのことで、ちょちには難しいことが判明。
無駄足になってしまった。
電話で問い合わせをしたときに教えてくれればいいのに。

癌を抑制する効果のある「βグルカン」と「サリドマイド」の処方を受け、
飲ませてみることにする。

サリドマイドは、薬害を起した薬なので抵抗があった。
でも、先生の説明が納得できる内容だったので、日獣医の先生の意見を聞いた上で
試してみようと思う。

日獣医の先生は、サリドマイドの使用に懐疑的だったため、服用を止めることにする。

ちょちの腫瘍は、左脳の外側を被っている。
先生いわく、
「この状態で今まで何もなかったことが信じられません。倒れていても不思議ではない。」

ちょちは、こんな状態でもがんばって生きていたんだなぁ、と思うと、また涙が溢れ出した。

ちょちは、すごくがんばっている、私もがんばらなくては!
[PR]
by chochimama | 2007-11-15 19:17 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

髄膜腫との闘い-11月14日

2007年11月14日(水)

MRI検査を受けるためにキャミックへ。

a0012531_19431831.jpg


少し手前でタクシーを降り、歩いてキャミックに向かう。

畑や小学校を過ぎ、のどかな雰囲気の中、ちょちと私は、のんびり散歩を楽しんだ。

キャミックでは、麻酔をかけて検査を行うので、2時間後に来るように言われた。

今まで麻酔をかけたのは、歯槽膿漏による抜歯の時1回だけ。

どうか何も起こりませんよう。
祈るような気持で近所のカフェで時間をつぶす。

緊急の時は携帯を鳴らす、と言われていたので、
携帯が鳴ったらどうしよう、とドキドキしながら待つ。

早めに戻って様子を聞くと、検査は終わり麻酔からも覚めたとのこと。

ほっとしたのも束の間、検査の結果、脳腫瘍の可能性が高いと診断された。

「えぇ~っ!こんなに元気なのに!何の兆候もなかったのに!」
「深刻な状態ではないですよね。大丈夫ですよね!」
良い回答を待つ私に、
「何とも言えません。かなり大きい腫瘍ですが、診断はできないので」
と担当の人。

詳しい診断は、日獣医の先生に確認して欲しいと言われ、
呆然とキャミックを出た。

ちょちは、平日に私が一緒に居るので、いつもよりも楽しそうに見える。

ちょちに不安が伝わらないようにしたいのに、帰りのタクシーの中で涙が出てしまった。

ちょちは、今、14歳。せめて18歳まで生きて欲しい。

家に戻ってから、ネットで脳腫瘍の治療法を調べ、免疫療法という治療法があることを知った。
危険な治療ではなさそう。

明日、病院に連絡しよう!
[PR]
by chochimama | 2007-11-14 19:34 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

髄膜腫との戦い-11月12日

2007年11月12日(月)

日獣医の予約を取り、かかりつけの病院から紹介状をもらい、診察を受けに行く。
(日獣医:正式名称は、日本獣医生命科学大学「動物医療センター)
http://www.nvlu.ac.jp/NVLU_HP_RENEWAL/html/014_facilities/01/01_01.html

自宅からはタクシーで30分程度の距離。

ちょちは、車から外の景色を見るのが大好き。
いつも、私の膝の上に立ち、外の景色を見る。

この日も、ちょちは外の景色を見ながら病院に向かった。

診察まで30分程度の待ち時間に、ちょちと私は、病院の外を散歩した。

ちょちは、くんくんと草の臭いをかぎ、マーキングをして元気いっぱい。

診察の順番が来て診察室に入ると、インターン生8名と先生が。
さすが大学病院!ものものしい雰囲気だ。

ちょちは、意外に緊張していない。

診察室をとことこ歩き、先生たちに頭を撫でられていた。

先生に経緯を話して触診を受ける。

先生から、MRI診断を受けることを薦められた。

大学病院だと順番待ちで遅くなるため、2万円程度高い民間の検査機関で
受けることにした。

先生が直接電話をして予約を取ってくださった。
親切!

11月14日(水)に診断を受けることに決まり、ちょちと自宅に戻る。

帰りの車の中で、ちょちは大好物のキュービックチーズを食べ、ご機嫌だった。

病院に行ったというより、私と遊びに行った感覚なのかも。
この日も食欲旺盛なちょち。
[PR]
by chochimama | 2007-11-12 19:45 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

髄膜腫との戦い-11月4日

2007年11月4日(日)20時30分 

この1ヶ月は、「このまま何もありませんように!」と祈るような気持で過ごした。

ちょちは元気で毎日を過ごしていたが、11月4日、ついに2度目の発作が起きた。

今回も、眠っている時だった。

発作は約3分間。

痙攣止めの座薬(ダイアップ)を肛門に入れると、キュンキュン鳴いてうろうろした後に
発作が止まった。

しばらく様子を見たところ、大丈夫そうなので病院には行かないことにした。

前の発作から1ヶ月で2度目の発作が起きてしまったことにショックを受け、
インターネットで「てんかん」「痙攣発作」について調べたところ、
高齢になってから初めて発作を起した場合、脳腫瘍の可能性もある、
という文章に行き当たった。

ドキドキした。

脳腫瘍の専門病院を調べたところ、武蔵境に日獣医(日本獣医生命科学大学)
があることがわかり、翌日、連絡することにした。
[PR]
by chochimama | 2007-11-04 19:52 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

髄膜腫との戦い-10月9日

2007年10月9日(火)朝

朝起きると、ちょちは、ぼ~っとしているようだったが、散歩は元気に歩いた。

朝ごはんをしっかり食べた。
お腹が空いていた様子。

会社に行く前に病院に連れて行き、診察を受ける。

てんかん薬は、一生使い続けなければならず、心臓にも負担がかかるので、
もう少し様子を見ては、と言われた。

2~3ヵ月に1回程度の発作なら、鎮静剤を使って発作を鎮めれば大丈夫らしいので、
様子を見ることにする。

「私が居ないときに発作を起したらどうしよう」
「重積発作になったらどうしよう」
と不安な気持が消えない。

ちょちは、昨日の発作のことなど忘れてしまったかのように、もりもりご飯を食べ、
元気に走っている。

「大丈夫かな・・・」

元気なちょちを見ていると、そんな気持になってくる。

とりあえず、シッターさんに夕方早めの散歩をお願いして、異変があったら連絡をもらうようにした。
[PR]
by chochimama | 2007-10-09 19:56 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

髄膜腫との戦い-10月8日

2007年10月8日(月)13時

体育の日の祭日。
自宅でのんびり過ごしていたときだった。

イスの上で眠っていたちょちの顔がゆがみ、痙攣発作を起こした。

驚いてかかりつけの病院に電話をしたが、休診日のため電話にでない。
ちょちの痙攣は止まらない。

財布を掴んでちょちを抱きかかえ、病院に走った。
走っている途中、ちょちの痙攣は止まり、私の顔をぺろぺろなめ始めた。

ほっとするものの、不安な気持が募り、そのまま病院へ。
先生は留守だった。

ネットで調べて「てんかん」発作と同じ状態だとわかる。

短時間で終わる発作なら問題ないが、連続して発作が起きる「重積発作」になると
生命の危険が伴う、と書いてあり、ますます不安になった。

隣り駅に24時間対応の病院があることを知り、タクシーでちょちを連れて行く。

初めての病院で不安に思ったのか、ちょちは、タクシーを降りる時に2度目の発作を起した。

発作は、3分程度で止まり、診察を受けた。
鎮静剤を打ち、自宅に戻る。

この日、ちょちは、鎮静剤のため、ぼ~っとしていた。

夕食は、吐いてしまった。

夜、いつものちょちに戻ったので、
明日、かかりつけの先生に診てもらうことにして眠った。
[PR]
by chochimama | 2007-10-08 20:00 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
★アルマ保護犬★
チャロ(現アネラ・201711正式譲渡)
プチ預かり・グラン君
かのん(2017.04正式譲渡)
マリリン(現ゆき・201703正式譲渡)
レオ(現るーく・2016.12正式譲渡)
パール 2008年1月~2009年8月
バンビ(2016.10.23正式譲渡)
まゆ⇒りん花・2017.06 お空へ)
●我が家の子どもたち●
チャッピー・2016年4月~
だーく・2007年12月~
カイト 2009年11月~2016年3月
ちょち 2000年4月~2007年12月
●Myコラム●
犬も猫も人間も幸福な社会
生涯挑戦!(My life)

最新の記事

2018年版【アルマチャリテ..
at 2017-11-19 13:17
祝!正式譲渡になりました。
at 2017-11-19 13:12
トライアル開始~元気にがんば..
at 2017-11-09 13:22
越谷動物愛護フェスティバル ..
at 2017-11-03 15:45
いざ、トリミングに!
at 2017-11-03 15:39
【御礼】トライアル決定しました!
at 2017-10-29 13:53

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧