保護猫&保護犬とのまったりライフ


by chochimama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:犬も猫も人間も幸福な社会( 6 )

★アルマからのお知らせ★

ティアハイム
オープンシェルター&里親会

東京ティアハイムで保護されている犬猫が、
里親さまとの出会いを待っています。
保護犬・猫について知りたい!という方も、
ぜひご来場ください。

a0012531_16180599.jpg


アルマ・ファミリーサポート基金

常時50頭程度の犬猫を保護しているアルマの活動を支える基金です。

9期のファミリーサポート基金の募集を開始しています。

新たに基金を必要とする子、継続して基金を必要とする子など、
今回は10基金、800口の募集となります。

募集の詳細は、こちらをご覧ください。

a0012531_16215645.jpg


[PR]
by chochimama | 2017-04-08 16:29 | 犬も猫も人間も幸福な社会 | Trackback | Comments(0)

アルマ東京ティアハイム~オープンシェルター&里親会のお知らせ

アルマ東京ティアハイム
オープンシェルター&里親会(2/19)のお知らせ

a0012531_15470499.jpg


オープンシェルター&里親会のお知らせ
日時 : 2月19(日)  12:00~15:00

※当日参加予定の子達は、こちらをご覧ください。
http://tierheim.blog.fc2.com/

会場:アルマ東京ティアハイム
 東京都葛飾区細田5-11-12  TEL:03(5876)7667
  
※どなたでもご来場いただけます。

※駐車場は2~3台分のスペースありますので、
 ご希望の方は当日の到着時に、
 03-5876-7667までご連絡をお願いします。

※里親会参加犬はティアハイムに滞在している子と、
 一部預り宅滞在の里親募集中の子達です。


★★ お願い ★★
犬の数が多くトラブル防止のため、一般の方のワンちゃんの入場は
里親希望を出されている方に限らせていただきます。
(卒業犬の皆様は事前にご連絡の上、お越しください。)

皆様のお越しをお待ちしています!!


[PR]
by chochimama | 2017-02-17 15:50 | 犬も猫も人間も幸福な社会 | Trackback | Comments(0)

虹の橋の絵本

犬・猫と暮らす多くの人が、その存在を信じている場所、
「虹の橋」

ちょちとパールが天使になったとき、
私も、虹の橋の詩に慰められました。

自分にとって大切な大切な存在が、
ある日突然、目の前から居なくなってしまう・・・
辛く、受け入れ難いことです。

でも、彼らは居なくなったのではなく、
今も、虹の橋で元気に暮らしている、
しかも、自分が愛する人たちと一緒に居る。

そう思えるだけで、こころがフッと軽くなります。

自分もいつかその場所に行き、ちょちやパールと再会する。
そう信じて、前に進んでいます。

そんな虹の橋の絵本がありました。

miwanonさん作 虹の橋WEB絵本。

ふんわりとした優しい絵が
愛する家族を失った悲しみを和らげてくれます。

虹の橋 WEB絵本
(Cat メニューをクリックするとご覧になれます)
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~miwanon/
[PR]
by chochimama | 2009-10-20 22:21 | 犬も猫も人間も幸福な社会 | Trackback | Comments(0)

動物愛護法改正に向けての署名活動

人間にも動物にも住みやすい社会を!

犬や猫が物品のように扱われず、生命の尊厳が守られる社会になって欲しい!
これが、私の願いです。

そういう社会になるためのスタートとして
次の3つが必要だと思っています。

 1)行政が管轄する愛護センターでの殺処分ゼロ
  (現状は毎日約1000頭が炭酸ガスで殺処分されアウシュビッツ状態です)
 2)動物の遺棄・虐待を取り締まるアニマルポリスを誕生させる
  (イギリス・マイアミなど欧米に存在します)
 3)ブリーダーおよび動物を展示販売するショップの規制

こういうことを考えている人はたくさんいるのですが、
力を集めて行動にしないと、社会は、なかなか変わりません。

今、動物愛護管理法の改正を求める署名活動が行われています。
1万名を目標にしているようですが、本日現在、1500名程度しか集まっていません。

改正案の詳細を署名サイトでご確認いただいて、
ひとりでも多くの方に署名をお願いしたいと思います。

◆署名はこちらから・・・ 
a0012531_13284018.jpg
[PR]
by chochimama | 2009-10-11 13:33 | 犬も猫も人間も幸福な社会 | Trackback | Comments(0)

犬や猫の保護活動を応援します!

犬や猫と一緒に暮らしたい!と真剣に思ったら、里親になりましょう!!

動物愛護センター、悪質ブリーダー、悪質ペットショップから
犬や猫を保護して里親探しをする【保護ボランティア団体】を応援します。


★パールを保護したCATNAPはこちら・・・

  CATNAPホームページ

★岩手の悪質ショップからたくさんのわんこ達をレスキューしたドッグレスキューはこちら・・・

  ドッグレスキューホームページ



犬や猫のコンパニオンアニマルは、
人間社会で生きるために生まれ、
あるいは、無理やり繁殖され、
私たちの友だち、家族として
惜しみなく愛を与えてくれます。

そんな子たちの生命をいったん引き受けたからには、
年老いても、病気になっても、
最後までケアする責任が、私たちにはあります。

ところが、生き物である彼らを、
モノやインテリアのように扱う人たちがいます。

「鳩より大きな動物を殺す人間は、人の生命も大切にしない」
と、心理学を学ぶ院生に聞きました。

「飼えなくなったから、要らなくなったから」
という理由で
愛護センターに犬や猫を持ち込む人は、
自分の手で彼らを殺しているのと同じです。

小さな生き物の生命を尊重できる
殺処分ゼロの社会は、
犬や猫だけでなく、ヒトにとってもやさしい社会です。

そんな社会は、ただ待っているだけでは、やってきません。

私たち、一人一人の意識や行動が、
そういう社会を作る力になります。

フルタイムで仕事をしている私は、
積極的に保護活動に係わることができません。

でも、ゼロよりは1、と考え、
小さな小さな行動ではありますが、
殺処分の現状や、保護活動のことを、
周りの人たちに伝えています。

会社の人たちには、全員に話をしました。
みんなが関心をもってくれました。

企業や学校で研修講師をしているので、
そのような場でも話をしています。
子どもたちは、真剣に耳を傾けてくれます。

ひとり一人の小さな一歩が、
大きな流れを作ります。

あなたも、できることから始めませんか?


◆殺処分の現状 ドキュメント
 (辛い映像です。デモ、最後までみてください)

 
[PR]
by chochimama | 2009-10-02 00:51 | 犬や猫が幸福に暮らせる社会 | Trackback | Comments(0)

映画「犬と猫と人間と」

日本の犬猫事情を、さまざまな視点で取材した映画
「犬と猫と人間と」
が上映されます。

最初の取材対象は、行政施設の犬猫処分の現状。
保健所などの行政施設では、迷子動物のほか、飼い主持ち込みによる
動物の管理、処分を行っています。

迷子動物が保護されても、多くの施設で公示期間は3日間。
(1週間まで延長している施設もあります)
公示期限を過ぎると炭酸ガスによる殺処分が待っています。

この映画では、
行政施設のほか、
動物愛護団体や獣医、
多摩川に住む野良猫の世話を続けるご夫婦、
お年玉をつぎ込んで、捨てられた子犬の世話をする小学生たちなど、
犬や猫に係わるさまざまな人たちを取材を通し、
どんな状況でも懸命に生きる多くの犬猫たちと、
それを懸命に救おうとする人間たちの姿を映し出しています。


この映画が生まれたきっかけは、
猫の保護活動を続けてきた一人のおばあさん、稲葉恵子さんが、
「大人も子供も、動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」
と監督に頼んだことでした。

犬や猫を愛するヒトはもちろん、
心豊かに暮らせる社会を望むヒトすべてに見て欲しい映画です。

映画情報はこちらから
  ↓
犬と猫と人間と」公式サイト


日本の犬猫事情

今、日本では、1日当たり900頭近くの犬猫が殺処分されています。
なんと、1年で31万457頭(2007年度)が殺処分されていることになります。

ペットショップでの生体販売が禁止されているイギリスの場合、
2006年に処分された犬は7,743頭。(犬の保護団体Dogs Trustによる)
日本の40分の1です。

イギリスでは、犬や猫はショップで購入するものではなく、
ブリーダーに予約したり、
シェルター(保護施設)に行って里親になる方法が
定着しています。

カリフォルニアにはアニマルポリスがいて、
動物を虐待するヒトは逮捕されます。

虐待の中には、
劣悪な環境で動物を飼育することも含まれます。


日本にもアニマルポリスが誕生し、
動物の遺棄や虐待がゼロになって欲しい。

犬や猫をブロイラーのように繁殖し、
モノのように売りさばくビジネスを禁止して欲しい。

切に願います。


犬や猫など小動物の生命を大切にできる社会は、
ヒトにとっても住みやすい社会のはずです。

なぜなら、
自分のエゴで生命をもてあそぶことのない社会だから。


動物と暮らすことで、私たち人間も自然の一部だと自覚できます。


もの言わぬ動物が発する色々な信号をキャッチして、

今日は、調子が良さそう、
今、寂しそう、楽しそう、辛そう・・・

など、相手の意識を想像し、思いやる心が生まれます。

そんな心づかいがあふれる社会で
暮らしたいと思いませんか?



うん、そう思います。(パール)
a0012531_13282637.jpg

ボクも、そういう社会がいいです!(だーく)


a0012531_13291773.jpg

[PR]
by chochimama | 2009-09-20 13:31 | 犬も猫も人間も幸福な社会 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
★アルマ預かりっ子★
かのん(5代目預かり犬)
マリリン(現ゆき・4代目預かり犬)
レオ(現るーく・3代目預かり犬)
バンビ(2016.10.23正式譲渡)
まゆ(現りん花・2016.06正式譲渡)
●我が家の子どもたち●
チャッピー・2016年4月~
だーく・2007年12月~
カイト 2009年11月~2016年3月
パール 2008年1月~2009年8月
ちょち 2000年4月~2007年12月
●Myコラム●
犬も猫も人間も幸福な社会
生涯挑戦!(My life)

最新の記事

かのんちゃん、続報
at 2017-05-08 15:38
フリマ@駒沢公園のお知らせ
at 2017-05-06 15:23
第50回「アルマ里親会」
at 2017-05-06 15:17
お知らせ<アルマ東京ティアハ..
at 2017-05-06 15:04
その後の「かのんちゃん」
at 2017-05-06 14:43
御礼・かのんの正式譲渡決定し..
at 2017-04-17 18:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧