保護猫&保護犬とのまったりライフ


by chochimama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

髄膜腫との戦い-10月9日

2007年10月9日(火)朝

朝起きると、ちょちは、ぼ~っとしているようだったが、散歩は元気に歩いた。

朝ごはんをしっかり食べた。
お腹が空いていた様子。

会社に行く前に病院に連れて行き、診察を受ける。

てんかん薬は、一生使い続けなければならず、心臓にも負担がかかるので、
もう少し様子を見ては、と言われた。

2~3ヵ月に1回程度の発作なら、鎮静剤を使って発作を鎮めれば大丈夫らしいので、
様子を見ることにする。

「私が居ないときに発作を起したらどうしよう」
「重積発作になったらどうしよう」
と不安な気持が消えない。

ちょちは、昨日の発作のことなど忘れてしまったかのように、もりもりご飯を食べ、
元気に走っている。

「大丈夫かな・・・」

元気なちょちを見ていると、そんな気持になってくる。

とりあえず、シッターさんに夕方早めの散歩をお願いして、異変があったら連絡をもらうようにした。
[PR]
by chochimama | 2007-10-09 19:56 | 初代犬 ちょち | Trackback | Comments(0)

髄膜腫との戦い-10月8日

2007年10月8日(月)13時

体育の日の祭日。
自宅でのんびり過ごしていたときだった。

イスの上で眠っていたちょちの顔がゆがみ、痙攣発作を起こした。

驚いてかかりつけの病院に電話をしたが、休診日のため電話にでない。
ちょちの痙攣は止まらない。

財布を掴んでちょちを抱きかかえ、病院に走った。
走っている途中、ちょちの痙攣は止まり、私の顔をぺろぺろなめ始めた。

ほっとするものの、不安な気持が募り、そのまま病院へ。
先生は留守だった。

ネットで調べて「てんかん」発作と同じ状態だとわかる。

短時間で終わる発作なら問題ないが、連続して発作が起きる「重積発作」になると
生命の危険が伴う、と書いてあり、ますます不安になった。

隣り駅に24時間対応の病院があることを知り、タクシーでちょちを連れて行く。

初めての病院で不安に思ったのか、ちょちは、タクシーを降りる時に2度目の発作を起した。

発作は、3分程度で止まり、診察を受けた。
鎮静剤を打ち、自宅に戻る。

この日、ちょちは、鎮静剤のため、ぼ~っとしていた。

夕食は、吐いてしまった。

夜、いつものちょちに戻ったので、
明日、かかりつけの先生に診てもらうことにして眠った。
[PR]
by chochimama | 2007-10-08 20:00 | 初代犬 ちょち | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
★アルマ預かりっ子★
かのん(5代目預かり犬)
マリリン(現ゆき・4代目預かり犬)
レオ(現るーく・3代目預かり犬)
バンビ(2016.10.23正式譲渡)
まゆ(現りん花・2016.06正式譲渡)
●我が家の子どもたち●
チャッピー・2016年4月~
だーく・2007年12月~
カイト 2009年11月~2016年3月
パール 2008年1月~2009年8月
ちょち 2000年4月~2007年12月
●Myコラム●
犬も猫も人間も幸福な社会
生涯挑戦!(My life)

最新の記事

かのんちゃん、続報
at 2017-05-08 15:38
フリマ@駒沢公園のお知らせ
at 2017-05-06 15:23
第50回「アルマ里親会」
at 2017-05-06 15:17
お知らせ<アルマ東京ティアハ..
at 2017-05-06 15:04
その後の「かのんちゃん」
at 2017-05-06 14:43
御礼・かのんの正式譲渡決定し..
at 2017-04-17 18:42

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧