保護猫&保護犬とのまったりライフ


by chochimama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

映画「犬と猫と人間と」

日本の犬猫事情を、さまざまな視点で取材した映画
「犬と猫と人間と」
が上映されます。

最初の取材対象は、行政施設の犬猫処分の現状。
保健所などの行政施設では、迷子動物のほか、飼い主持ち込みによる
動物の管理、処分を行っています。

迷子動物が保護されても、多くの施設で公示期間は3日間。
(1週間まで延長している施設もあります)
公示期限を過ぎると炭酸ガスによる殺処分が待っています。

この映画では、
行政施設のほか、
動物愛護団体や獣医、
多摩川に住む野良猫の世話を続けるご夫婦、
お年玉をつぎ込んで、捨てられた子犬の世話をする小学生たちなど、
犬や猫に係わるさまざまな人たちを取材を通し、
どんな状況でも懸命に生きる多くの犬猫たちと、
それを懸命に救おうとする人間たちの姿を映し出しています。


この映画が生まれたきっかけは、
猫の保護活動を続けてきた一人のおばあさん、稲葉恵子さんが、
「大人も子供も、動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」
と監督に頼んだことでした。

犬や猫を愛するヒトはもちろん、
心豊かに暮らせる社会を望むヒトすべてに見て欲しい映画です。

映画情報はこちらから
  ↓
犬と猫と人間と」公式サイト


日本の犬猫事情

今、日本では、1日当たり900頭近くの犬猫が殺処分されています。
なんと、1年で31万457頭(2007年度)が殺処分されていることになります。

ペットショップでの生体販売が禁止されているイギリスの場合、
2006年に処分された犬は7,743頭。(犬の保護団体Dogs Trustによる)
日本の40分の1です。

イギリスでは、犬や猫はショップで購入するものではなく、
ブリーダーに予約したり、
シェルター(保護施設)に行って里親になる方法が
定着しています。

カリフォルニアにはアニマルポリスがいて、
動物を虐待するヒトは逮捕されます。

虐待の中には、
劣悪な環境で動物を飼育することも含まれます。


日本にもアニマルポリスが誕生し、
動物の遺棄や虐待がゼロになって欲しい。

犬や猫をブロイラーのように繁殖し、
モノのように売りさばくビジネスを禁止して欲しい。

切に願います。


犬や猫など小動物の生命を大切にできる社会は、
ヒトにとっても住みやすい社会のはずです。

なぜなら、
自分のエゴで生命をもてあそぶことのない社会だから。


動物と暮らすことで、私たち人間も自然の一部だと自覚できます。


もの言わぬ動物が発する色々な信号をキャッチして、

今日は、調子が良さそう、
今、寂しそう、楽しそう、辛そう・・・

など、相手の意識を想像し、思いやる心が生まれます。

そんな心づかいがあふれる社会で
暮らしたいと思いませんか?



うん、そう思います。(パール)
a0012531_13282637.jpg

ボクも、そういう社会がいいです!(だーく)


a0012531_13291773.jpg

[PR]
by chochimama | 2009-09-20 13:31 | 犬も猫も人間も幸福な社会 | Trackback | Comments(0)

だーくの後見人

024.gif後見人って何やねん???

だーくには後見人がいます。

だーくの母(=私)は一人暮らし。
私が事故や病気で入院した場合、だーくが路頭に(?)迷います。

そうならないよう、
もしもの時に、だーくを引き受けてくれる人を「後見人」といいます。

他の人の猫を引き受けてくれる・・・なんて奇特な人でしょう!
そんな人、見つけられるかなぁ・・・

と、だーくの里親になる条件を見たとき、ちょっと考えてしまいました。

だって、そうでしょう?
一緒に暮らす楽しみは、全部、私が取ってしまい、
私に何か起きたときだけ代わりに育ててもらうなんて、
虫のいい話ですよね。

でぇ~も、でも、でも、ですよ、みなさん!
そういうことをしてくれる人が、世の中にいるんです。

じゃ~ん!

それは、私と同じ会社に勤めるMさんです。

実は、だーくを見つけてくれたのは、Mさんなのです。

いつでも里親募集中
このサイトで猫ちゃんを探している時、

「こんなかわいい子が、何で野良ちゃんにされちゃうんですかね」

というMさんのひと言。


a0012531_12482345.jpg

だーくは、今もこのスタイルで抱かれるのが大好き!


写真を見ると、一時預かりの仮母さんに抱かれただーくのカワイイ姿がありました。

その写真を見て、迷っていた私の心が決まりました。

この子にしよう!

保護ボランティアの方たちは、ひどい状況にある猫チャン達を救い、
家庭で暮らせるよう、愛情をもって育てています。

里親に何かあった時、路頭に迷わてしまっては、
その努力が報われません。
一人暮らしの人や60歳以上の人が里親になるのが難しい理由は、よくわかります。

Mさんが後見人になってくれたおかげで、
私は、めでたくだーくを迎えることができたのです。

だーくの後見人、Mさんは、素敵なイラストを描くアーティストです!

MさんのWEBサイトには、作品がいっぱい。
ぜひ、見てください。

MさんWEBサイトはこちら・・・
 http://mutty.exblog.jp/
[PR]
by chochimama | 2009-09-15 12:48 | だーく・2007年12月~ | Trackback | Comments(0)

幸運を呼ぶカギしっぽ

a0012531_2059124.jpg

ふふふ、クールに決めてみたよ。黒猫だーくです。


だーくは、調布地域猫の会が保護した猫さんです。
http://www.chofu-neko.net/

たくさんの猫さんが里親さんを待っています。
猫好きさんは、ぜひ見に行ってください!


だーくは、2009年9月現在、2歳4ヶ月の若い男子。
9ヶ月の時(2007年12月22日)に我が家にやってきました。


a0012531_213982.jpg
      うん? 何か?






a0012531_20554988.jpg
ボクは、幸運を呼ぶカギしっぽの持ち主。
ママにも、ハッピーのおこぼれあげようかな?











パールとだーくが慣れるまでは結構大変でしたが、
20日もすると一緒に眠っていました。




a0012531_2183198.jpg
 さぁ、行くぞ!



a0012531_2113293.jpg
 ボクだって、強いんだ!(だーくにはね!)









パールが天使になってしまってから、
だーくの甘えん坊に拍車がかかっています。

いつも私が見えるところにいて、
動くとついてきます。

同じベッドでくっついて眠るほどの甘えん坊。

今は、パソコンの横にある書棚の上で眠っています。
[PR]
by chochimama | 2009-09-13 21:10 | だーく・2007年12月~ | Trackback | Comments(0)

MIX犬 ちょち

a0012531_17593630.jpg





「ちょち」の本名は「元気」。
いつも元気でちょこまか動き回るから、いつの間にか
「ちょち」と呼ばれるようになった。

ちょちは、6歳の時に我が家にやってきた。

前の飼い主さん宅に男の子が生まれ、その子がアレルギーになったため、
里親を捜すことになったらしい。

ちょうどその頃、私が里親募集サイトで小型犬を探しており、
ちょちとめぐり合った。

初めてちょちとお見合いをした日、ぶるぶる震え、私に抱かれるのを嫌がっていた。
慣れてくれるんだろうか、と不安になったほどの人見知り。

いよいよ我が家に来る日、自宅近くのドラッグストア駐車場まで、元の飼い主さんが
車で連れてきてくれた。
ちょちは、元の飼い主さんの車が行ってしまうと、振り向きもせず、歩き始めた。
「僕は、もうママの家の子になる!」
と決めたようで、きっぱりした姿がカッコ良かった。

初めての夜も鳴くことなく、静かに眠った。

ちょちは、道路に捨てられていた子らしい。
最初の飼い主は、中学生の女の子。
3年ほど、その子の家で飼われていたが、お母さんが亡くなり、
お父さんの再婚と共に、新しい家に。
その家が、元の飼い主さん宅。
ちょちを拾った女の子は、大学生になり家を出たらしい。


ということは、我が家が4軒目の住処になるのだろうか・・・。

もう、どこにも行かなくていいからね。
ここがちょちの最後の家だよ。





■ちょちのプロフィール
  生年月日     1994年4月?
  生まれ       東京
  両 親       不明(多分、ヨークシャーテリア&マルチーズ) 
  好きな食べ物  ささみ
  嫌いな食べ物  果物
  体 重       4.2Kg
  おもちゃ      布製の骨&靴
  
[PR]
by chochimama | 2009-09-13 18:17 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

ヨーキーMIX犬ちょちと髄膜腫の闘い

ちょち、がんばったね!

a0012531_18244037.jpg


ちょちが、6歳の時、我が家にやってきて、2007年12月に13歳で
天使になるまで、7年8ヶ月を一緒に過ごしました。

2007年12月5日未明(午前0時24分)
ちょちは、髄膜腫による重積発作のため、光の中に旅立ちました。
これは、ちょちが髄膜腫と闘った記録です。


ちょちが亡くなってから1年9ヶ月経過しましたが、ちょちの闘病について思い出すのは、
まだとても辛いです。
でも、ちょちが最後の瞬間までがんばって生きた記録を残しておきたいのと、
同じ病で苦しむワンコの参考になればと思い、書くことにしました。

楽しい内容ではありませんので、必要な方だけに読んでいただきたいと思います。


★髄膜腫について★

髄膜腫は、脳腫瘍の一種で脳室を覆っている膜の外側にできる腫瘍(癌)です。
ゆっくり進行するため発見が難しいとされています。

多くは良性の腫瘍で、外科手術による全摘出ができれば生存率も高いようですが、
ちょちの場合、見つかった時にはすでに腫瘍が左脳をほとんど被っており、
浮腫もできていたため手術は困難でした。

治療方法は放射線治療だけでした。
もっとも、放射線治療では腫瘍を小さくするだけで再発の可能性が高く、
再発後の生存期間は平均6ヶ月と言われました。

「平均」ということは、6ヶ月以上生存する子もいるということなので、
私は、ちょちの生命力に賭けました。

ちょちの髄膜腫は深刻な状態になっていたため、1ヶ月の間に6回の治療を
受けなくてはなりません。
ちょちの年齢(13歳)を考えると、身体に与える負担が大きいなぁ、と迷いましたが、
このままにしておいたら突然昏睡して亡くなる可能性もあると言われ、
究極の選択をしました。

そのような経緯で、2007年11月27日に第1回目の放射線治療を受け、
12月4日に2回目を受ける予定でしたが、12月3日の夜9時過ぎ、
ちょちは重積発作を起し、そのまま意識を回復することなく、5日の未明に
旅立ってしまいました。

この記録は、ちょちが初めて発作を起した2007年10月8日から12月5日に
旅立つまでの闘病をつづったものです。
[PR]
by chochimama | 2009-09-13 18:17 | ちょち 2000年4月~2007年12月 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
★アルマ保護犬★
プチ預かり・グラン君
かのん(2017.04正式譲渡)
マリリン(現ゆき・201703正式譲渡)
レオ(現るーく・2016.12正式譲渡)
バンビ(2016.10.23正式譲渡)
まゆ⇒りん花・2017.06 お空へ)
●我が家の子どもたち●
チャッピー・2016年4月~
だーく・2007年12月~
パール 2008年1月~2009年8月
カイト 2009年11月~2016年3月
ちょち 2000年4月~2007年12月
●Myコラム●
犬も猫も人間も幸福な社会
生涯挑戦!(My life)

最新の記事

駒沢公園フリマのお知らせ(1..
at 2017-09-15 13:24
オープンシェルター&里親会の..
at 2017-09-01 14:16
9/3 里親会~グラン君参加!!
at 2017-08-21 11:37
グラン君の遊び
at 2017-08-15 17:40
フレンドリー&賢いMシュナさ..
at 2017-08-11 13:38
アルマ東京ティアハイム オー..
at 2017-08-11 12:41

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

外部リンク

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧